荒木師匠とプロイデアによる特別対談(全3回)

【番外】 いよいよ、荒木師匠の、「プレ婚活セミナー」 開講です。

さあ、荒木師匠の「婚活セミナー」開講♪♪

荒木師匠
私のセミナーは、大きく「見かけ」と「中身」(マインドセット)に分かれるわけだけど。「見かけ」は、男性が好むファッション、ヘアスタイル、メイク、表情・ポーズ、立ち居振るまい、つまり、身だしなみやマナーですよね。「中身=マインドセット」というのは、自分の今の事実と向き合って、自分に対する自信を持つこと。結婚のコンセプトや、理想とする、本当のパートナー像を具体的に「目標化」することです。

プロイデア小田原(以下、プロイデア)
身だしなみやマナー、目標設定管理、モチベーション・コントロール、情報共有・・・・・・。なるほど、ビジネス分野のセミナーと同じコンテンツですね。

荒木師匠
でしょ。でも、私のプログラムは、「座学」じゃないからね。バブル時代の、夜ごと度重なる戦場、パーティーに出撃して、どんどん経験が蓄積されたもの。修羅場でつちかったノウハウだから、よく効くよ。それこそ、マニュアル本が書けるくらいに。座学じゃなくて、実践。っていうか、実戦だからね。それを、平成の今、「婚活」に転化したのが、この本で、そのコンテンツを、あなたの人生で、「同時進行ドキュメンタリー」しよう、というのが、セミナーです。

第一幕 「見かけ」編

03-01

荒木師匠
では、「見かけ編」から、始めましょう。まずは、小田原さん。この「i-PAD」の写真見て。この女性は受講者なんだけれど。セミナーを受ける前と、受けた後の、チェック写真。「ビフォー・アフター」。これが、これ。これが、これ、で、これが、これ。(読者の皆さんには、受講者の個人情報のため、画像がお見せできません。ゴメンナサイ。)

プロイデア
たくさん、ありますねえ。なるほど、この二つの写真は、同一人物ということですね。まったく違った人生を送っている人のように見えます。

荒木師匠
そうでしょ。まさに、「見かけ」だけでも、「まったく違った人生を送る」可能性が、ぐっと広がるわけ。ハリウッドの女優が、弁護士になったり、ファッションモデルになったり、テロリストになったりするよね。あの説得力って、見かけだよね。セリフなんか、対して多くもないし、覚えちゃいない。圧倒的に「視覚情報」の量と質によるところが大きいです。

プロイデア
「ビフォー・アフター」のこういう写真を、この「i-PAD」の100人分の事例を見るだけでも、心のどこかに、スイッチはいりますよね。

荒木師匠
そうそう、事例とか、経験とか、まず「量」は、大事だよ。「量」をおろそかにして、「質」とか言っている男も女も、信じちゃダメだよ。まずは、「量」だって。「質」は、考えながら「量」をこなして、始めて「質」の血肉になる。「婚活セミナー」にくる人も、成功も失敗も含めて「量」が圧倒的に少ないか、あまり考えずに「量」をこなしてきた人。「質」が低いままね。

量>質

プロイデア
なるほど、荒木師匠は、「質」より「量」なんだ。

荒木師匠
あなた、読者の皆さんが誤解するような言い方はやめてチョウダイ。本当に、この娘ったら、わかってるのか、わかってないのか。繰り返しになるけれど、「見かけの変化」は、言い訳のない事実、だからね。変わろうとする思いの強さや、努力が、目に見えるカタチとなってあらわれる。自分の事実/現実を見つめなさい。ということ。「レコーディング・ダイエット」と似ているよね。あれって、言い訳できないしね。あなた、やってるでしょうね。ダイエット。

プロイデア
てへっ。

荒木師匠
てへっ。じゃないわよ。すぐにあなたも30だからね。予言しとくわ。

プロイデア
絶対、当たりますよね。その予言。話をもどして、「見かけ編」。

荒木師匠
そうそう。評価は、他人がするものだし。自分の思いや、甘えが入る余地が、まったくない世界です。この「ビフォー・アフター」。小田原さんが、男だったら、どっちがいいか、100人分、スグに判断できるよね。それを、日々、女性はOK/NGの視線の網を通り抜けているわけ。

プロイデア
ああ、第2回でも話題になった、「見た目6秒」の男目線を泳ぐのが女性、というくだりですね。

荒木師匠
そうそう。人の第一印象は6秒で決まる。視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%。これらによって、6秒以内にあなたの第一印象が決まってます。「こんにちは。はじめまして、荒木久美子です。よろしくお願いします」で、はい、6秒。OK/NGどっち。パーティの視線を向ける殿方は、もう決めています。ここから先のあなたの話なんて、一切関係ありません。

見た目6秒で OK/NGホルダー行き

04-02

プロイデア
fある意味。動物的、と言えば、動物的ですよね。

荒木師匠
婚活は、生殖行動だからね。理屈はルックスに勝てない。野生の動物が、理屈でナンパしているの見たことある? 誤解無いように受けとめてね。まず、服装から。特に、今の若い女性は、肌の露出も含め、「見られること」を意識しないとダメね。もっと若いときにしか着ることのできないファッションにチャレンジしないと。30-40代の女性にも、それぞれに、その時にしか着れない服にチャレンジするよう叱咤激励しています。あなたも、その身体のラインが隠れてしまうような、ブカブカのファッション、捨てなさいよ。

プロイデア
ああ、だんだん気持ち的に隠す方向になってますね。自分では、気づかないうちに。

荒木師匠
まあ、そうやって、他人の目だけでなく、自分の目までも、ごまかしていくのね。心に言い訳しながら。言い訳しやすいように、自分の目から、身体を隠していく。あなた、どこから見ても、「肉まん」だよ。この事実/現実からスタートだよ。体重は何キロ? この対談で、白状しなさい。

プロイデア
ここでは、言えません。

04-03

荒木師匠
まあ、夏に向けて、身体のラインをすべて見せてしまう「ボディコン」にする必要は無いかもしれませんが、小田原さんには、カジュアルでも、フォーマルでも、もっと自分のラインを見せる服に挑戦して欲しいし、それができるラインを維持できる、美容や運動などの生活習慣も、大切にして欲しいと思います。
あなたも、身体を覆うような、そんなぶかぶかなもの着てたら、一番高く売れる今を、棒にふるわよ。 もっとエクササイズして。このジュリ扇エクササイズ、あなたが企画したんでしょ。あなた、どんどん運動して、ナイスバディで、自分を売り込まないと。「見かけ」は、「社交」のトップノートよ。

プロイデア
そうですね。いつやるの。今でしょう。という時期ですよね、私も。
で、質問なんですが、荒木師匠の「付き合う男性のクラスのグレードを上げる」ための、一味違った「婚活」セミナーに来る女性は、どんな風ですが? セミナーでは、どんなこと、しているんですか?

荒木師匠
企業秘密よ。受講してからのお楽しみ。と言いたいところだけれど、ちょっと教えてあげるね。
女性の男を選別するホルダーには、「OK」 「ふつう」 「NG」があるけれど、男性の女を選別するホルダーには、「OK」 と 「NG」しかないという事実を投入して、受講者の「見かけ」を対象に、プログラムを進めていく。俄然、進行がホットになっていきます。

女のホルダー  「OK」 「ふつう」 「NG」

男のホルダー  「OK」   ⇔   「NG」

プロイデア
ドキドキしますね。その意味で、ファッション、メイク、ヘアスタイルなどの改善を進めていきます。歳相応の「見かけ」とは言うけれど、私の経験知では、30代も40代も、20代の雑誌をリファレンスにして、ファッション、メイク、ヘアスタイルの「見かけ」設計をするのが正解です。「STORY」「Domani」「家庭画報」「VERY」じゃなくて、「JJ」や「CanCan」から、トレースして欲しいです。
男目線で好ましい「独身ビーム」「独身オーラ」が出ている女性に「見せる」が、目的になります。スカートとヒールは、必須アイテムです。ひな型は、ルパン三世の峰不二子か、未婚の適齢期の「女子アナ」全般ですね。詳しくは、私の本を読んでいただくか、セミナーにお越し下さいね。相当強力に、あなたの「見かけ」設計をサポートします。ふふふ。

プロイデア
ああ、もうセミナーに行くしかない。わたし。私の結婚式には、ぜひ荒木師匠、ゲストとしてご臨席くださいますよう、お願い申し上げます。

荒木師匠
まあ、招待されたら、講師冥利に尽きるわよね。「どうして結婚できたのか」をテーマに、結婚式の現場で講演できたら、すごくセミナーも繁盛すると思うけど。実績を前に、来賓の皆さんに、婚活サクセスストーリーのスライドお見せしながら。冗談ですけど。私の立場で、受講者の皆さんに、結婚式に招待されるかどうか、ビミョーです。ふふふ。

プロイデア
結婚式で、「ゲストの「婚活セミナー」で著名な、荒木久美子さんです。」なんて紹介、私はやって欲しいです。この場の、一番の恩人なんですからね。

荒木師匠
まあ、うれしいわ。ところで、小田原さん。「恋愛」っていうのは、女性にジャッジする権利がありますよね。付き合う/付き合わない。寝る/寝ない。断わったり、選んだりする権利は、こちら側にあるけど、「結婚」っていうのは、男性が、この女性一人に決めた!!!、って、「決断」しないと、無理なんですね。だから、よほど男が前のめりにならないとできないんですよ。だからタイミングが大事だとか、遠まわしに言うけど、実体は、男側の「決断」の問題なんです。

恋愛は「女」が「選ぶ」もの 結婚は「男」が「決める」もの

プロイデア
なるほど、それで、荒木先生の本に書いてある、「男性の人生で一番高い買い物はズバリ、結婚」というくだりに繋がるわけですね。最初は、女は「物」か、と、違和感ありましたけど、今は、すごく納得です。

04-04

荒木師匠
そうです。恋愛を楽しむための女じゃなくて、「お嫁さん」です。一番高い買い物は、マンションとか、クルマとか、なによりも高価なのは、ズバリ「お嫁さん」なんです。だってお支払いは、一生ローンだよ。「女80歳までの衣食住費用を出す」という決断なわけ。自分が先に死ぬこと考えて、保険にだって入るんだから。とびっきりの「愛人」だって、「月に50万円くれる」って言ったって、3年くらいで途中解約されたら、金額は知れてますよね。それと、男が死んでもなお、女80歳までの衣食住を保証してくれる月給20万円の「お嫁さん」。どっちが割高だと思う?
今の月収が高い、なんてことよりも、「結婚しよう」=「80歳まで衣食住を保証しよう」っていう決断の方が重いよね。だから、男の結婚は、並大抵の決断じゃないわけですよ。だから、女性としては、「見かけ」くらい、スタンバイしとけよ。ってことです。「遊びじゃないんだから」って、女のセリフじゃないよ。結婚をまじめに考えている男のセリフだからね。間違えないで。今はすたれてきた「お見合い結婚」の短期決戦、「お遊び禁止ルール」も、男が決断できずに、「ダラダラの恋愛どまり」の現状を考えると、一理ある。「見かけ」と条件とで、スパッと結婚の覚悟、決断をしていくわけなんで。

月額50万の愛人 < 月額20万80年ローン(生命保険付)の嫁

プロイデア
師匠。なんかやっとわかったような気がしてきました。何を相手にしているのか。もう、「見かけ編」だけで、お腹いっぱいになりそうですが。では、がんばって、「中身編」をお願いしマース。

第二幕 「中身」編

荒木師匠
じゃあ行くわよ。「見かけ」グラマーで、美人だけれど、しばらく話をするうちに、あれっ、て思われたらアウトですよね。男は、あなたがちゃんと、自分の話についてくるか、うまく自分の意図を受け止めてくれる相手か、見てますよね。だって、結婚の相手を探しているんだから。「見かけ」の美しさ、華やかさと、内にある「知性」や「愛嬌」など、「中身」とのギャップがあればあるほど、鬼に金棒ですよ。
でも、その原点は、「自分に自信を持つこと」、なんです。そのためには、自分の目標をしっかりと持つこと。あなたが実現したい、信じられる目標であれば、正解かどうか、他人がどう思うか、なんて関係ありません。まず、「あなたの目標を持つこと」です。それは、「理想の人と出会う」というのでも、いいと思います。その場合、できるだけ、「理想の人」を具体的に、言葉にしておいてくださいね。

04-05

プロイデア
前の話と重なりますけど、「自分の夢を持つ」ということ自体、忘れてしまっている人って、多いと思います。

荒木師匠
そうね。でも、私のセミナーに来られる人は、一応、「理想的なパートナーと結婚する」という目標があるから、私と受講者がお互いに、その共通の信頼ポイントを確認し合って取り組めます。迷ったら、その目標に戻ればいい。

プロイデア
「婚活」も、セミナーという「場のモード」や、荒木先生や、他の受講生とも刺激し合えるから、持続的に前に進むことができる、というのがあるんですね。

荒木師匠
そう。なかなか一人だと続かないというのもあるかも知れないわね。でも、その前提として、一人ひとりが「自分の目標を持っている」。それも、ちゃんと、他人に説明できるくらい、具体的で、明確な形で。ということだと思います。私がセミナーで言っている「見かけ」と「中身」のうち、「中身」というのは、マインドセットという作業からスタートします。それは、自分の今の事実と向き合って、自分に対する自信を持つこと。自分を信頼すること。そして、結婚のコンセプトや、理想とする、本当のパートナー像を具体的に「目標化」することです。

プロイデア
具体的には、セミナーで、何をす.るんですか?

荒木師匠
じゃあ、少しだけ教えちゃおうかな。私の本にも載せている、「本当のパートナーを引き寄せるオーダー表」というのを、このインタビューをご覧になっている皆さんに、お見せしたいと思います。これは、私自身が、自分の事実・現実と向き合い、自分の「したいこと」=欲望を具体的にリスト化して、マインドセットする際に作ったものです。受講者の皆さんにも、自分の「オーダー表」を作っていただくところから、セミナーを進めていきます。

あなたを「マインドセット」する「オーダー表」という欲望のリスト

04-06

プロイデア
「結婚したい相手の条件」を、よく、ここまで具体的に、56項目も、書けるものですね。「自主的に家事をやってくれる」、「年収3000万円以上」、「通勤地(銀座)に近いマンションに住んでいる」。言いたい放題ですね。「Hがうまくて合う」、なんて、エロいものまで。「草」男子は、逃げちゃうのでは。

荒木師匠
さすがに、男の人に、「ほら、私の条件だよ」って、見せるものじゃないから。でも、逃げちゃうような男、そんなの目標に入ってこないから。「草」だから、動けないかも。逃げられない。条件の合うひとなら、「草」なんか、絶好のターゲットかもね。
この68項目のリストなんだけれど、「思い」を「現実化」するためには、最低限、これくらいのエネルギーを発揮して、外に表現できないとダメよ、ってことなの。目標の具体化というのは、マインドセットの大切なプロセスなんです。今見ると、恥ずかしいくらいセキララでも、恥ずかしいことも含めて、愚直に書きとめて、自他に対してオープンになることで、腹に落ちて、エネルギーが出やすくなります。

プロイデア
どんなエネルギーですか? ふふふ。私も出るのかなあ。

荒木師匠
出る出る。そのためにも、セミナー受講者には、この自他の壁を超えて、セキララに「オーダー表」を書くように、指導しています。これは、心を開く、成功への第一関門かな。結果として、オープンな方ほど、「婚活」の成功がスピーディーですね。

プロイデア
そうなんですね。無意識に閉じていたり、隠したりしてしまうと、エネルギーが出ないんですね。

荒木師匠
そう思います。自分で「壁」を作っていらっしゃる場合が多いですね。それで、足が重くなってしまい、行動力も発揮されないままで、「思い」だけが、残ってしまうんです。自分を信頼できない。自分の可能性を、疑ってしまう。ブレーキをかけてしまうんです。これを解除しないといけないんです。

プロイデア
では、私も、しっかり書いてみます。他の人にオープンにする勇気は、まだありませんけど。

荒木師匠
今回、世代の違う、バブル崩壊の時に生まれたあなたから、バブル時代のファッションアイコンになった「ジュリ扇」を使ったエクササイズグッズを商品化したい。と電話をいただいたとき、本当にうれしかったです。そのチャレンジする気持ちが、いいわよね。いきない電話してくる、その厚顔無恥のバイタリティーこそ大事です。
ウジウジ迷って、何もしない。思いをめぐらすだけ。というのかダメなんです。「思い」だけでは、何も動きません。自分すらも。まず、行動。動きでも、発言でもいいです。エネルギーが、前に出るということが、大事なんです。エネルギーの方向や内容は、関係ありません。プレセミナーは、以上で終了です。

04-07     

プロイデア
じゃあ、私も素質ありですね。セミナーに参加できたら、同じ目的の人と交流しながら、背中を押し合って、前に進む機会ができれば、私も、婚活の次のステップに進めるように思いました。周りが、私よりも10-20歳年上の皆さんだけに、相当に、私も強くなれそうです。荒木先生、ありがとうございました。

正解はない。自分を抑えつけない。まずは、エネルギーを前に出すこと。

プロイデア
そうそう、最後にお聞きしてもいいですか? なぜ、「バブル再び」なんですか?

荒木師匠
あの時代は、20代の私にとって、様々な「はじめて」を用意してくれる環境だった。「はじめて」に挑戦する、未知のものに向かって前に進むというのは、価値があることよね。あの時は、時代が、社会全体が、一人ひとりが、基本的に「前向き」でした。そういう挑戦や、チャンスを、昼も夜も、ビジネスでも遊びでも、いろいろな出会いや可能性にあふれていた、それが信じられたのが、「バブルの時代」のいい側面だと思います。
バブルの時代と言うのは、ある意味、男も、女も、仕事も、遊びも、今よりも競争的で、真剣勝負していた時代。今は景気がよくないけれど、挑戦する対象や、チャンスと感じることが違うだけで、どの時代でも、人は、男も、女も、「見かけ」のワクワクと、「中身」のなるほどを求め続けているわけでしょう。小田原さんも、バブルな社会が、経済循環で巡ってくるなら、若いうちに、一度は体験してみてもいいとは思わない? こんな不況の時代が続くとしても、20代のあなたは、今しかできない挑戦をしないとね。

あなたは、バブルを(もう一度) 体験したい/ 体験したくない

プロイデア
そうですね。私も、いろいろ体験したいです。また来ますかね、バブル。

荒木師匠
いつバブルが来てもいいように、この本で、勉強なさい。

プロイデア
荒木師匠の婚活ノウハウ本「アナタたち、「いつか結婚できる」と思っているでしょ?」ですよね。

04-08

荒木師匠
これは、今の人たちに書いた本だけれど、バブル社会になったら、別の意味で、ハイパーバイブルになるから。「婚活」なんて、ばかばかしく感じられるような、テクニック本に早変わりよ。

プロイデア
もうっ、荒木師匠ったら!!! バブルモードに、すぐスイッチが入っちゃいますね。ふふふ。まさに「裏読み」ですね。荒木師匠と共に、バブル待ちモードに入った小田原です。荒木師匠、3回+【番外】まで、これまで本当にありがとうございました。

荒木師匠
こちらこそ、ここまでの対談をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。小田原さんも、ありがとう。ぜひ、努力すれば実現可能性のある、具体的なイメージをもって、あなた自身の「本当のパートナーを引き寄せるオーダー表」を創って、今、ここから、新しい一歩を始めてください。応援しています。ぜひ、セミナーでも、お会いしましょう。
ここまでの「サワリ」でわかったような気になってたら、承知しないわよ。ということで、そんなに怖がらないで、ぜひ「婚活」を、自分の思いどうりに楽しんでみませんか? いろいろな自分を、自分の可能性を発見していただけるはずです。

「荒木先生の婚活セミナー」に、集合する / まずは本から

taidan_1_01

(【番外】 了)  【TEXT&写真&編集:湯浅】

◎この本、荒木師匠の婚活ノウハウ本「アナタたち、「いつか結婚できる」と思っているでしょ?」 (泰文堂 1200円+税)は、ただいま本サイトで、荒木師匠直筆サイン本を、「プレゼントキャンペーン」中です。ふるって、ご応募下さい。もちろん、ネット、書店でも、好評発売中です。

プロフィール

111671162854323baf70bee

荒木師匠

高校卒業後アナウンス学院に進学。その後、イベントコンパニオンやDJ、モデルとして活躍。
1991年にオープンしたディスコ「ジュリアナ東京」で一世を風靡した「扇子ギャル」の元祖としてカリスマ的存在となり、「お立ち台の女王」「ディスコの女王」「ジュリアナクイーン」と呼ばれ注目を集める。ボディコンギャルを代表するコメンテーター「荒木師匠」としてテレビのバラエティ番組でタレントとして活躍し、全国のクラブ・ディスコイベントなどにも出演。

odahara

PROIDEA 小田原なつき

1990年生まれ。バブル崩壊の1991年は1歳。
芸術大学を卒業後、プロイデアで商品企画を担当。数多くの商品を手がけ、荒木師匠と共同開発した「ディスコクイーン荒木師匠のジュリ扇エクササイズ」が大ヒット。同商品開発を通じて荒木師匠との親交を深める。